ホームページ > Solutions_ハイスピードラミネーションスタンプライン
Solutions_ハイスピードラミネーションスタンプライン
HongEr Solutions_ハイスピードラミネーションスタンプライン
高速ラミネーションスタンプライン
高速スタンピング技術は、過去20年間に開発された高度な成形加工技術です。

その中でも、モーターコア/ロータステータスタンプは、設備、金型、材料、プロセスを統合したハイテクスタンピング技術です。

モーターコア/ロータ固定子部品の最新のスタンピング技術は、各工程をダイに統合して高速パンチングベッドで自動打ち抜きを行う高精度、高効率、長寿命、マルチポジションプログレッシブダイをベースにしています。
打ち抜き加工
打ち抜き加工は、ストリップ材料がコイル材料から出た後、レベリング機によって水平にされ、自動供給装置によって自動的に供給され、次にストリップ材料が累進ダイに入ることである。

モーターコア/ロータステータの打ち抜きは、パンチング、フォーミング、仕上げ、トリミング、自動ラミネーション、偏平ラミネーションによるブランキング、回転ラミネーションによるブランキング、またはその他のブランキングプロセスから、モーターコア/プログレッシブダイ。

パンチングプロセス全体は、高速プレス機械で自動的に実行されます。
プログレッシブダイで打ち抜かれた素材は圧延コイルの形をしているので、 ダブルデコイラーループストレート ナー マシンカムフィーダー 、高速NCサーボフィーダーなどの自動送り装置がスタンピングラインに装備されています。

モータースタンピング装置の高度な自動化と高速化のために、打ち抜きプロセスにおけるプログレッシブダイの安全性を完全に確保するために、現代のスタンピング装置は、事故の際に電気制御システムを備えている。

モータコア/ロータステータを製造するプロセスで障害が発生すると、エラー信号は直ちに電気制御システムに送信され、電気制御システムは信号を送信して直ちにプレスを停止させる。

今のところ、モータのコア部品を打ち抜くための最も一般的な装置は、高速Hフレームプレスです。

スタンピング精度、機械剛性、信頼性の高い機械安全システムを備えています。

スタンピング速度は一般に200~600回/分の範囲であり、モーターコアの自動ラミネート加工に適しており、他の構造部品には斜めの回転、自動スタッキングリベットが必要です。

クリックしてここに HongEr高速Hフレームプレスの詳細を見つけること。

ラミネーションスタンピングラインの一般的な装置構成:
機能:コイル素材から金属ストリップを巻き戻し、ダブルヘッドタイプはコイルの交換効率を向上させます。

操作:非電動

マンドレル拡張:手動

コイル幅:20mm-100/200 / 300mm

コイルの厚さ:0.1-1.6mm

コイルID:450〜530mm、コイルOD:1200mm

積載容量:0-500 / 1000 / 2000kgs

スピンドルの拡張:マニュアル
機能:高速モーター積層/ EIラミネーション製造のために特別に設計された金属ストリップのレベリング、応力緩和。

コイル幅:20mm-100/200 / 300mm

コイルの厚さ:0.1-1.2 mm

供給速度:0~60m /分

モーター:2HP

Straightenerローラー:上部に5本+下部に6本、ピンチローラー:2本、ローラー調整:4ポイント微細微調整

ループ制御:光電センサ
機能:金属ストリップを高速プレスとプログレッシブダイ、高速500spm、高送り精度+/- 0.01mmに供給します。

モデル:GCF-200 / GCF-300

コイル幅:〜200 /〜300 mm

コイルの厚さ:0.1~1.6 mm

給餌長:11.5-245 mm

送り速度:Max。 500 SPM

送り角度:180度、リリース角:調整可能
高強度の鋳鉄で作られた機械本体は、自然環境を介して応力を除去し、機械の耐久性を向上させます。

オートフィード、シングルストロークまたはプログレッシブダイアプリケーションでの高精度パフォーマンス。

強制潤滑システムにより、信頼性が保証されます。

電気制御システムは、高い自動化操作を実現します。

オプションで65トン、85トン、125トン
5.プログレッシブダイス
材質:SKD11 / DC53、タングステン鋼

加工装置:低速ワイヤーカット、CNCプロセス

加工精度:0.005 mm

HongErは直接的にプログレッシブダイを生産しません。私たちはお客様のプロジェクトを金型パートナーと話し合い、最適なソリューションを見つけることができます。


お問い合わせを送信すると、あなたのために最高の機械ソリューションを設計する準備が整いました!